積立:具体的な貯め方

楽天証券でジュニアNISA口座を申し込んでみた

教育資金を準備するため、楽天証券でジュニアNISAの口座開設をしたので手順をご紹介します。

※前提として、親権者自身が楽天証券の口座を所有している必要があります。

 

全体の流れ

詳しい手続方法は楽天証券の公式サイトでご確認いただくとして、ここでは「子ども名義の口座開設とジュニアNISAを同時に申込む場合」の手順についてご紹介します。

出典:楽天証券

 

ステップ1. 楽天証券のサイトから申込み

楽天証券のサイトにある申込みボタンから進んで、必要事項入力のうえ申込みを行います。

申込むと楽天証券から受付完了メールが届きます。そして申込状況の確認は、以下の画面から確認できます。

PCサイトにログイン後、「マイメニュー」→お客様情報の設定・変更「基本情報・マイナンバー・口座(NISA・特定・未成年)」→お取引口座「未成年口座・ジュニアNISA口座」→未成年口座・ジュニアNISA口座「申込状況確認」

口座開設書類が届くまでの間、必要書類を準備しておくとよいでしょう。

特に「登録親権者と未成年者の続柄が確認できる書類」として住民票を使用する場合、市役所等へ行って入手しておくとよいです。

 

ステップ2. 口座開設書類の返送

数日すると郵便物が届くので、必要書類と合わせて申込書類を返送します。切手は不要です。

 

ステップ3. ログインID・初期パスワードの書類が届く

楽天証券側で開設手続きが完了すると、ログインID・初期パスワードが書かれた書類が届きます。

初回ログイン時、パスワードを変更と初期設定が必要になります。

基本的には質問内容に順に記入していけばOKです。

 

ステップ4. 税務署審査後、ジュニアNISA口座が開設!

最後に、税務署による審査が行われます。時期にもよると思いますが数日程度です。

税務署審査が終わると、口座開設情報欄が「開設済み」に変わります。

これで無事、ジュニアNISA口座が開設されました!

 

さいごに

以上、楽天証券でジュニアNISA口座を申し込んだ時の手順のご紹介でした。

申込みから開設完了まで、おおよそ1週間程度でした。時期によっては多少前後するかもしれません。

また、余談ですが実は開設完了後の初期設定で思わぬ失敗をしてしまいました。。詳しくは下記記事に書きましたので、同じ失敗をしないよう確認してみてください。

参考楽天証券でジュニアNISA口座開設したら初期設定と入金で失敗した話

2023年に制度が終了することで逆に使い勝手が良くなった、ジュニアNISAを始めることに決め、楽天証券で申し込みました。 申込みから口座開設までは問題なく完了したのですが、初期設定と入金操作で思わぬ失 ...

続きを見る

 

-積立:具体的な貯め方

© 2021 ツナガリワークス