教育費の基礎知識

教育費を貯める方法 ~積立定期預金~

この記事では、教育費を貯める方法のうち、積立定期預金を解説します。

積立定期預金とは?

積立定期預金とは、決まった額を、普通預金口座から定期預金口座へ振り返るタイプの定期預金のことです。

ポイント

  • 毎月決まった日に積立金を定期預金として積立てる方法
  • 月々5,000円などの少額から始められる
  • 低金利時代なので、満期時もほとんど利息は増えない

普通の定期預金との違いは?

積立定期預金と普通の定期預金とで一番違う点は、預金する額とタイミングです。

定期預金は、まとまった額を一度に預金し、満期になるまで何もしない(できない)のに対し、積立定期預金は「積立」という言葉の通り、自分で決めた積立額を毎月(あるいは数ヶ月ごと)預金します。

そのため小額から開始できるという点が、積立定期預金の大きな特徴です。

また、定期預金は原則、満期になるまで引き出しができませんが、積立定期預金の場合は途中で引き出せるケースが多いです。積立た金額ごとに満期が設定され、何もしなければ自動更新されるようなイメージです。

積立定期預金のメリット

元本割れリスクがない

積立定期預金は元本割れ、つまり預けた金額よりも少なくなることはありません。元本割れリスクがあるのは投資信託や株式のような金融商品ですね。

教育費は、必要になるタイミングがほぼ確定しています。一方、投資信託や株式などは上がったり下がったりを繰り返します。そしてお金を引き出す時期にたまたま元本割れ状態だった場合、含み損が確定した状態で引き出さざるをえなくなります。

引き出すタイミングに縛りがなければ、再度評価額が上向くまで待つこともできますが、教育費の場合はそうはいきません。

そのため教育費のように必要になるタイミングが明確な用途に対する備えとして、元本割れリスクがないというのは大きな安心材料になります。

天引き感覚で強制的に貯蓄できる

積立定期預金は、一度設定してしまえばあとは毎月決まった日に強制的に積立定期預金用の口座へ振り込まれます。

お金があればあるだけ使ってしまうようなタイプの方は、機械的に引き落とされるほうが貯めやすいと感じると思います。

定期預金よりは預金を引き出しやすい

定期預金は、一定期間引き出さないことを条件に金利が高めに設定されています。積立定期預金の場合、条件にあった金額であれば好きなタイミングで引き出すことも可能です。積立定期預金の使い勝手は、普通預金と定期預金の中間といったところでしょうか。

途中で引き出せるので、教育費目的に貯めていたけどどうしても突発的な出費が必要になった場合に柔軟に対処することができます。

もっとも、浪費家タイプにとってはこの柔軟性が逆にデメリットになりえます。

教育費目的からみた積立定期のデメリット

つづいて積立定期預金のデメリットをみていきましょう。

利息が低い

積立定期預金のデメリットはずばり、利息が低いことです。

ただしこれは、一昔前の高金利時代や、同じ額を投資信託などの金融商品で運用する場合と比較した時の話です。

バブルの頃はやっぱりすごかった

一昔前の定期預金は、利息がとても高く、バブルの頃はなんと年利6%などという時代もありました。

年利6%とは、約12年でお金が倍になる水準です。

参考:今では信じられない、ほぼノーリスクで年率5%増えた時代|MonJa

現在は超低金利時代なのでどの金融機関も1%未満のものばかりです。

普通の定期預金は積立定期預金と比べるとやや年利が高いのですが、あまり大差はありません。

投資信託なら年利5%くらい見込める商品もある

投資信託や株式でうまく資産運用できれば、年利5%くらいのパフォーマンスは現実的に見込める数字です。(当然元本割れリスクはありますが)

よりリスクの少ない債券でも年利1%以上は見込めるため、資産を増やすという目的からすると積立定期預金はどうしても分が悪いですね。

教育費を積立定期で貯めるのはあり?なし?

ここまで、積立定期預金の特徴やメリット・デメリットをみてきました。では教育費を貯めることを目的とした場合、積立定期預金を活用するのはありでしょうか?

利息目当てならほぼやる意味なし!

「定期預金の一種だから、満期時には利息分が増えてお得では?」というように、お金が増えることを期待するなら積立定期預金は対象外といえます。

増やしたいのであれば多少リスクを取る必要が出てきます。

元本割れリスクを避けつつ確実に貯めたいならあり

お金を増やすのではなく、必要な額を確実に貯めたい、という場合は選択肢の一つとして検討してみてもよいかもしれません。例えば児童手当はそっくりそのまま積立定期預金口座に振り込むというのはありかと思います。

まとめ

以上、積立定期預金についての解説でした!

ポイントおさらい

  • 毎月決まった日に積立金を定期預金として積立てる方法
  • 月々5,000円などの少額から始められる
  • 低金利時代なので、満期時もほとんど利息は増えない

積立定期預金は、資産運用という観点からはあまり魅力はありませんが、元本割れリスクを避けつつ天引き感覚でコツコツ貯めることができる方法だと思います。

教育費を貯めるために、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

-教育費の基礎知識
-,

© 2021 ツナガリワークス